住友不商業マネ 防災啓蒙イベント「防災・救急フェアin有明ガーデン」

住友不動産商業マネジメントは9月5日、管理運営する大規模複合街区「有明ガーデン」(東京都江東区有明2丁目)において、深川消防署と協同で防災啓蒙イベント「防災・救急フェアin有明ガーデン」を、新型コロナウイルス感染予防対策を講じながら開催した。有明地域住民のほか、街区に訪れた人たちなども含め約1500人が参加した。

同イベントは広さ8780平方メートルの「スポーツエンターテイメント広場」を活用した初の催しで、地域の防災力向上を目的に、親子で体験しながら防災知識を楽しく学べるイベントとした。

最新のバーチャルリアリティ技術を活用している「VR防災体験車」では、ヘッドマウントディスプレイで見るリアルな映像や音、振動、臭いなどを通じて、地震、火災、風水害の状況を疑似体験してもらった。体験後には、模型を使いながら自宅内の家具の固定の実態を認識してもらい、日頃の備えの必要性を意識してもらうようにした。

<出典:住宅新報>

2020年09月14日