森ビル 虎ノ門ヒルズをデジタルツインで再現

森ビルは、国土交通省が推進する3D都市モデル整備・利活用プロジェクト「Project PLATEA(プロジェクト・プラトー)」において、都市をデジタル空間に再現する、デジタルツイン「屋内外をシームレスにつなぐ避難訓練シミュレーション」を一般公開する。BIM(Building Information Modeling)データを活用して虎ノ門ヒルズビジネスタワーの細密な建物屋内モデルを制作。3D都市モデルと統合することで、屋内外をシームレスにつないだバーチャル空間を構築し、災害発生時の人の動きをシミュレーションする。これにより、虎ノ門ヒルズエリアにおける震災時の避難シミュレーションをウェブサイト上で閲覧可能となる。  

同社は年に複数回の大規模な震災訓練を実施しているが、コロナ禍においては、大人数が集まる訓練は感染リスクがある。そのため、「三密」を回避しながら、バーチャル空間において訓練を実施できるシミュレーションツールを開発した。  

「Project PLATEAU」と連携して、バーチャル空間を構築。ここで災害発生時の人の動きを複数の避難計画でシミュレーションし、人の滞留状況を可視化することで、適切な避難方法を検証できるようになる。また、周辺エリアの建物を築年数別に色分けして可視化することで危険箇所の事前把握を促し、安全な避難経路や適切な徒歩ルートの判断・確保にも役立てることも可能だ。

<出典:住宅新報>

2021年04月12日