日土地、中規模オフィス「REVZO一番町」を着工

中央日本土地建物グループの日本土地建物は、「REVZO(レブゾ)一番町」(東京都千代田区一番町、地上9階建て)を4月1日に着工した。「REVZO」は、オフィスワーカーが自分らしく、いきいきと働ける環境を実現するため立ち上げた中規模オフィスブランド。同物件は第3号物件で、東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅、東京メトロ有楽町線「麹町」駅から徒歩4分の立地となっている。シリーズで好評を得ている「開閉可能なガラス窓」、「バルコニー」、「ラウンジ」などを採用し、オフィスにいながら光・風・緑を感じられる空間を提供する。22年4月の竣工を予定している。  

同物件では、エントランスと植栽テラスが一体となった共用ラウンジを設置。これまでのシリーズ2物件では、最上階に設けたラウンジを1 階エントランスへ配置し、外構植栽と一体になった緑あふれるテラス空間や、共用の会議室を設ける。来客応対時にも利用しやすい機能的なレイアウトで、打合せやプレゼンのほか、仕事の合間の休憩など、多様な場面での活用を想定している。

<出典:住宅新報>

2021年04月12日