物流施設をVRでバーチャル見学 スペースリー・スクロール360

場所を選ばず簡単にVR(仮想現実)コンテンツを作成できるクラウドソフト「スペースリー」を提供するスペースリー(東京都渋谷区)が技術提供し、通販・物流代行のスクロール360(静岡県浜松市)は、同社ホームページ上に特設サイト「バーチャルでまるごと360度!SLCみらいセンター見学」を開設し、「バーチャル倉庫見学」の提供を始めた。  

スクロール360は、物流施設「スクロールロジスティクスセンターみらい」(茨城県つくばみらい市)を20年5月に開設し、コロナ禍で現地での見学が厳しい状況に、利用を検討している事業者に対して「バーチャル倉庫空間」を通し、物件見学・案内ができるように開設した。

<出典:住宅新報>

2021年04月19日