ドローンの安全な外壁調査システムを開発 NEDOなど

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)など6組織は、ドローン(無人航空機)による安全な外壁調査を実現するシステムとして、飛行時に風の影響下でも高い性能を維持する「小型赤外線装置」と、これを搭載する「近接調査用ドローンシステム」を2021年4月16日に開発した。今回開発協力したのは、NEDOのほか、日本建築防災協会、日本建築ドローン協会、神戸大学、日本アビオニクス、コンステック。  

機体が自己の位置を推定する「GNSS」で位置情報が安定しない場合に、飛行位置を保持するセンサー「VisualSLAM」が自動で切り替わり機動する。それでも安定しない場合に、屋上と地上の2点を結んだライン上を係留して飛行させる「2点係留装置」の3段階で備えた飛行制御システムで安定性と安全性を確保した。また、「小型赤外線装置」は、実際の外壁の浮きやはく離を検出する精度を検証した結果、地上からの一般的な赤外線の外壁診断調査装置と同等の性能を確認したという。

<出典:住宅新報>

2021年04月26日