森ビル、虎ノ門エリア開発でLEEDとWELL予備認証を取得

森ビルは、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」(東京都港区)と「虎ノ門ヒルズエリアプロジェクト(同)において、国際的な環境認証制度である「LEED」のエリア認証と建物利用者の健康やウェルネスに対する認証制度「WELL」の予備認証を取得した。「虎ノ門・麻布台プロジェクト」のLEEDのNDカテゴリープラチナランクの取得は都内初。加えて、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」のA街区と、「仮称 虎ノ門ヒルズステーションタワーA1街区)」が予備認証を取得した。WELL認証はいずれオフィスが中心となる棟。外資系企業にはLEEDやWELLの取得を入居オフィスの要件としているところも多く、同社ではこうした需要に対応した。

<出典:住宅新報>

2021年06月07日