電通グループ 本社ビル売却へ 譲渡益で890億円見込む

電通グループは6月29日、東京都港区東新橋の本社ビルの売却検討を決議したと発表した。譲渡益は約890億円を見込み、取引成立後はセール・アンド・リースバックにより、譲渡実行日から11年間、引き続き本社ビルとして使用する考え。譲渡価額、リース料総額などは購入希望者との取り決めにより非開示。  

本社ビルは地上48階地下5階建て、高さ213メートル、延べ床面積は23万1701平方メートル。帳簿価額は約1790億円。  

今回の取引が成立した場合、同グループは21年12月期連結決算の当期損益で約590億円のプラスを見込む。

<出典:住宅新報>

2021年07月05日